乳酸菌は食物繊維と合わせて摂るのがおすすめです!

「腸内環境をととのえる」というのは最近、よく聞く言葉です。私達人間がものを食べると、小腸で吸収がなされ、残ったものは大腸で便となり体外に排出されます。ですがこの小腸というのは、ただ栄養の吸収を行うだけの器官ではないのです。強力な免疫機能を備えていたり、私達の体にとって有害な最近やウイルスなどを排除してくれたりもするのです。

そして、私達の全身の若さを保つカギを握る場所でもあるのですよ。

ですが、不規則な生活を続けていたり、偏った食生活であったりすると、若い方でも小腸の免疫機能は低下してしまいます。免疫機能がきちんと働いていれば体内へは入ってこないはずの有害物質がトラブルを起こしたり、老化を加速させたりしてしまうのです。
乳酸菌7
小腸の衰えを防ぎ、腸内環境をととのえるためには乳酸菌の力は欠かせません。乳酸菌が私達の腸内に入ると、悪玉菌を減少させ、善玉菌を増やし、腸内のバランスをととのえてくれるからです。

また、乳酸菌を多く含む食品は、食物繊維を多く含む食品と一緒に摂取することで、より大きな効果を発揮してくれます。

というのも、食物繊維は善玉菌のエサになるものですし、悪玉菌の排出を促す働きもあるからです。

 

乳酸菌を多く含む食品の代表格といえば、ヨーグルトではないでしょうか。これと食物繊維が豊富なフルーツ(りんごやバナナなど)を一緒に摂取するのがおすすめですよ。
乳酸菌8
他にも、発酵食品である納豆にも乳酸菌は多く含まれています。これも食物繊維がたっぷりの海藻類(めかぶ・ひじきなど)と一緒に摂るのが良いでしょう。両方を混ぜ合わせて白いご飯にかけたら、美味しくいただけそうです。
このように、乳酸菌の力を借りることで腸の免疫機能の低下を防ぎ、病気などにかかる危険性も低くおさえたいものです。さらに、元気で若々しい心身をキープできるといいですね。アトピーやアレルギーの人も乳酸菌を!